アルミ製ねじ

アルミ製ねじ

アルミニウム(合金)の特徴は、1. 軽量(鋼やステンレスの約1/3倍)、2. アルマイトによる着色や耐蝕性の制御が可能、3. 高熱伝導率(鋼の約3倍)、等が挙げられます。一般に、異種金属の接触は電解腐食(さび)が生じる恐れがあり、避けることが望ましいといえます。 アルミ製品にはアルミ製のねじを用いることで、電解腐食の防止だけでなく、熱膨張率の差による破壊の防止、再利用・廃棄処理工程の短縮が期待されます。

アヅマネジの「アルミ製のねじシリーズ」では、ボルト(六角穴付き・超極低頭)だけでなく、ナット、座金をラインアップしています。ドローンなどのロボット、福祉機器などの軽量化・デザイン性・省スペース化を追求する製品にお役立てください。

本製品のカタログをご希望の方は、アヅマネジにお問い合わせいただくか、外部Webサイト「IPROS」(運営会社:株式会社イプロス)からダウンロードすることができます。

六角穴付きボルト

一般的な六角穴付きボルトです。既存の他素材製ボルトの代替としてもご検討ください。

  • 六角穴付きボルト

ヘクサロビュラ穴付き超極低頭ボルト(別称:スリムヘッド・スクリュー)

超極低頭ボルトは頭部の低いねじシリーズの中で頭の高さがもっとも低く、その特徴を最大限に発揮します。ヘクサロビュラ穴は締付けトルクの伝達効率が高いため、リセスの深さを浅くすることが可能であり、比較的柔らかいアルミ製ボルトでも頭部の高さを極限まで低くすることを実現しました。

カムアウトのリスクが低減することから、リセスの耐久力や工具の寿命の向上するだけでなく、製品への負荷が低減する、作業性・安全性・経済性に優れた部品です。

本製品はWebショップの販売対象であるほか、頭部の低いねじシリーズヘクサロビュラ穴付きねじシリーズにも含まれます。

  • ヘクサロビュラ穴付き超極低頭ボルト

ナット

  • ナット

平座金

  • 平座金

アルマイト

本シリーズの製品にはアルマイトも承ります。アルマイトとは、アルミニウム表面に陽極酸化皮膜を作る処理のことで、めっきとは異なる表面処理です。アルマイトには、表面が硬化したり、耐久性が向上する効果があります。また、染料を加えることで色落ちのしにくい着色が可能です。

  • アルマイト