締付け試験機

締付け試験機

ねじ締付け試験機「NSTシリーズ」(日本計測システム株式会社製)は、ISO 16047とJIS B 1084に示されている締付け力(軸力)、締付けトルク、ねじ部トルク、座面トルク、締付け回転角に加えてボルトの伸びの測定を行い、これらの測定値から締付け特性値(トルク係数、摩擦係数等)を算出します。さらに、JIS B 1056とJASO F 106-96の「プリベリングトルク試験」やMIL-N-25027の試験を実施することができます。

試験結果は報告書形式またはMicrosoft® Office Excel®形式での書き出しが可能で検査成績書や統計分析などに利用できます。

「NSTシリーズ」はねじ寸法に応じて3種の型式をラインアップしています。また、アヅマネジではこの試験機を使用した試験サービスを行っています。

操作

  • PC端末で試験を制御
  • 試験条件の設定は穴埋め式で簡単
  • グラフはラジオボタンのクリックひとつでスナグ点を基準に描画

精度

  • 締付けトルクとねじ部トルクが0.001 Nm(NST-100NM)、軸力は0.001 kN(NST-500NM)と高容量ながら高い分解能
  • 治具のたわみの影響を補正
  • 締付けトルク、軸力、ねじ部トルク、回転角はトレーサビリティ証明書を標準添付

機能

  • 締付け特性試験だけでなく、プリベリングトルク試験とMIL-N-25027試験を実施可能
  • 効率的な試験が可能な連続座面板や、丸座金や角座金が利用可能な座面台等の多様な治具を用意
  • 治具、工具等を収納可能なツールボックスを標準付属
  • 回転速度は0.05 rpmから40 rpmまで幅広く設定可能
  • 締付けトルク、ねじ部トルク、軸力、回転角、ボルト伸びに対して測定限界を設定可能
  • 測定時のグラフをリアルタイムに描画可能
  • 試験結果は報告書形式(プリンターは標準付属)またはMicrosoft® Office Excel®形式での書き出しが可能

本体仕様

本体仕様は以下の順で記述します。

  1. 項目
  2. NST-100NM
  3. NST-500NM
  4. NST-1000NM
  5. NST-1500NM
回転速度 [rpm]
0.05〜40
0.05〜40
0.05〜40
0.05〜20
最大締付けトルク∗1 [Nm]
100
500
1,000
1,500
最大軸力∗1 [kN]
50
100
250
350
最大ねじ部トルク∗1 [Nm]
100
300
750
1,000
表示締付けトルク [Nm]
100.000
500.00
1,000.00
1,500.0
表示軸力 [kN]
50.000
100.000
250.00
350.00
表示ねじ部トルク [Nm]
100.000
300.00
750.00
1,000.00
表示角度 [deg]
−9,999.9〜9,999.9
−9,999.9〜9,999.9
−9,999.9〜9,999.9
−9,999.9〜9,999.9
表示伸び∗2 [mm]
0.000〜10.000
0.000〜10.000
0.000〜10.000
0.000〜10.000
寸法 [mm]
W1,350 × D515 × H1,110(LCD除く)
W1,350 × D515 × H1,110(LCD除く)
W1,620 × D618 × H1,335(LCD除く)
W1,890 × D625 × H1,260(LCD除く)
電源
3Φ200V 20A
3Φ200V 20A
3Φ200V 30A
3Φ200V 20A
重量 [kg]
約400
約400
約500
約650
∗1 最大締付けトルクなどは本仕様を限度としています。
∗2 形状や治具によって測定できない場合があります。

    「Microsoft®」、「Excel®」はMicrosoft Corporationの登録商標です。